結核病棟に入院している患者さんは、基本的に喀痰の中から結核菌が検出されて「入院勧告」を受けた人たちです。この入院勧告というのは、あくまで勧告であって、命令ではありません。公的補助に関しては感染症法という法律がからみますが、別に法的な拘束力なんて何もないのです。

結核病棟からの脱走劇の画像

ログインして全文を読む