呼吸器科の世界ではKL-6という血液検査項目をよくオーダーします。これは、間質性肺疾患で上昇しやすいマーカーとして知られています。そのため、間質性肺炎がリスクになるような疾患ではガイドラインに「KL-6を測定する」などと書かれています。

KL-6上昇時に見逃されやすい疾患は?の画像

ログインして全文を読む