喀痰の抗酸菌塗抹検査が陽性になり、それが結核菌であるとPCR法・LAMP法で判明すれば結核病棟へ隔離する必要があります。そのため、結核病棟に入院している患者さんは喀痰から結核菌が陰性になるまで退院できないのです。

結核病棟で患者さんに言わない方がよい言葉とはの画像

ログインして全文を読む