私は時に極道の患者さんを受け持つことがあります。その多くが軽症の肺炎だったり、軽症の喘息だったりするので、社会的な面で難渋することはほとんどありません。

退院した極道の患者さんの挨拶の画像

ログインして全文を読む