「ワシにはな、来いって言うたら、いつでも駆けつけてくれる舎弟がおるんや」――。極道の道を歩き続けてきた患者さんは、私にある日こう言いました。彼はベッドの上で、上下さかさまになった小説を読んでいました。

死を前に「極道」の肺癌患者が見せた悲しさの画像

ログインして全文を読む