私が研修医として初めて呼吸器科をローテートした日、先輩ドクターがコンプライアンス不良の慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者さんを受け持っていました。患者さんはたくさんの吸入薬を使用しており、ローテートしたばかりの私にとっては未知の薬剤ばかりでした。

COPDを動物で治療するの画像

ログインして全文を読む