私は結核患者さんも診療しているのですが、高齢の結核患者さんの場合、やはり予後はあまりよくありません。結核病棟で死を看取ることも少なくないです。そのため、寝たきりで意思疎通がとれないような高齢の患者さんの場合、「病状によっては結核が致命的になることも十分ありえます」と家族に説明差し上げることも多いのが現状です。

結核の病状説明時に家族から尋ねられることの画像

ログインして全文を読む