PSA(前立腺特異抗原)による前立腺癌検診の有効性については、2009年3月に2件のランダム化比較試験(RCT)[1,2]が発表されましたが、決定的な結論は出ず、コントラバーシャルな状態が続いています。わが国でも、日本泌尿器科学会は「50歳以上の男性のPSA検診を推奨」、厚生労働省研究班は「現在のところ対策型検診として実施することは勧められない」との見解です。そこへ今回、スウェーデンで行われた症例対照研究が発表されましたので、読んでみました。

ログインして全文を読む