2008年2月の本ブログで、チアゾリジン系の糖尿病薬であるロシグリタゾン(日本未承認)の骨折リスクについて検討したランダム化比較試験(RCT)を紹介しました。その際、「これはチアゾリジン系糖尿病薬に共通するものなのか?」という疑問がわきました。このほど、この疑問について検討したシステマティック・レビューが発表されたので、読んでみました。

ログインして全文を読む