今回も、前回に引き続き、日本における神経芽細胞腫のマススクリーニングの過去の検診データを検討した論文に関して、試験の結果およびその信頼性、結果の適用などについて考察したいと思います。

ログインして全文を読む