今回も、前回に引き続き、以下の論文に関して、臨床への適用、診療への影響などについて考察したいと思います。この論文は、アウトカムの設定の仕方に問題がある上、対象患者や薬の種類・用量について詳細が分からないため、この結果をそのまま日本に当てはめられるかどうかは分かりません。ただ、一般論として、製薬企業が研究費を出していれば、研究者は利益相反状態にあるわけで、副作用が過小評価されやすくなる危険をはらんでいるとは思います。

ログインして全文を読む