現状の救急問題は、必ずしも医師にその責任があるのではないという共通認識が広まりつつあるようです。高齢化の進展による救急患者の増加、軽症患者の増加、医師の偏在、医療費抑制策といった要因の影響が大きいと考えられ、この点に関しては、投稿意見を見る限り大きな異論はないように思われました。

ログインして全文を読む