中央社会保険医療協議会(中医協)による2010年改定の議論も無事、最終日を迎えることができました。今回の議論を通して感じたのは、いまだに中医協で行われている議論が「支払い側と診療側」という対立軸に分かれていると勘違いしている人がいるようだということです。

ログインして全文を読む