私は現在、厚生労働省の中央社会保険医療協議会(中医協)の委員や、財団法人日本医療機能評価機構の産科医療補償制度運営委員会の委員などを務めさせていただいています。そのような立場上、多くの医療関係者と、医療に対して何らかの問題を感じておられる患者側の両方の立場の方々とお付き合いさせて頂いています。

実は医療者も被害者も同じことを考えているの画像

ログインして全文を読む