今回の診療報酬改定では、75歳以上の患者に適用される「後期高齢者の診療報酬」も注目された点の一つだった。結果として、入院、在宅、外来、終末期の各場面に関して、様々な点数が新設された。それらの中で、診療所開業医にとって最も気になるのは、外来で算定する「後期高齢者診療料」(月1回600点)だろう。

後期高齢者の外来包括化に不満たらたらの画像

ログインして全文を読む