診療報酬の改定に伴い、4月から処方せんの様式が再び変わる。備考欄に処方医の署名がない場合には、薬局が先発品に代えて後発品を処方できるようになるのだ。処方せんに署名した方がいいのか、それともしなくて構わないのか――。実地医家にとって悩ましいこの問題について、日経メディカル オンラインが実施した緊急Web調査の結果と、自由意見欄に寄せられた声を紹介する。

新様式の処方せんに署名する? しない?の画像

ログインして全文を読む