中央社会保険医療協議会(中医協)は、2月13日、2008 年度の診療報酬改定について、舛添要一厚生労働大臣に答申を行った。同日厚生労働省が提示した個別の点数案について議論した結果、大きな異論は出ずそのまま了承され、即日答申の運びとなった。

中小病院の再診は3点増、後期高齢者の外来は月600点にの画像

ログインして全文を読む