診療報酬改定の議論の中で、後期高齢者医療制度と並んで注目を集めているのが、勤務医の負担軽減策だ。その柱は、医療秘書(メディカルクラーク)の導入、診療所の夜間診療への評価、入院時医学管理加算の見直しの3つ。これらは勤務医の負担軽減に効果があるのか、またその財源はどうするのか…。

勤務医の負担は本当に軽減されるかの画像

ログインして全文を読む