12月14日の中央社会保険医療協議会(中医協)の総会では、後発医薬品(後発品)の使用促進のための環境整備の骨子案が了承された。注目されていた処方せん様式の再変更は、処方せんに設けたチェック欄を現状の「変更可」から「変更不可」に変えることで決着した。4月以降、後発品への代替調剤を希望しない場合には、毎回、処方せんの「変更不可」の欄にチェックしなければならなくなる。

処方せん様式の再変更が決定の画像

ログインして全文を読む