11月28日の中央社会保険医療協議会(中医協)診療報酬基本問題小委員会では、後期高齢者医療制度の外来における主治医の役割について、より突っ込んだ検討が行われた。具体的には、対象となる疾患や、研修の日数、薬剤服用歴の管理の方法などが挙げられた。

後期高齢者「主治医」の名称が「地域後見医」に変更?の画像

ログインして全文を読む