「医療療養病棟全体で見た場合の費用と収入は、ほぼつり合っていた。だから、点数の見直しはしない。医療区分1を引き上げれば、2と3を引き下げることになるからだ」「医療区分1に該当する入院患者が減少してきているのは喜ばしい。(療養病床削減に向けた)正しい方向だ」――。11月28日の中央社会保険医療協議会、診療報酬基本問題小委員会で、厚生労働省保険局の原徳壽医療課長はこう発言しました。これらのコメントからは、療養病床の削減に対する厚労省の意欲が間接的にうかがわれます。

ログインして全文を読む