11月16日の中央社会保険医療協議会(中医協)の診療報酬基本問題小委員会では、検体検査の評価について議論が行われた。厚労省は検体検査実施料のアップを明言し、委員からの異論もなく早々に決着した。具体的にどの項目か対象となるかはまだ不明だが、次回改定での検体検査実施料の点数アップは“当確”と見てよさそうだ。

検体検査料、引き上げが“当確”の画像

ログインして全文を読む