11月14日の中央社会保険医療協議会(中医協)の診療報酬基本問題小委員会では、人工透析についての議論が行われた。厚労省は、「副作用のなどの理由で長時間かけて透析を行った場合には、時間に応じて診療報酬で評価してはどうか」と提案。議論は、「4時間」という時間の妥当性に焦点が絞られた。

6年前に逆戻り? 透析に時間のファクター復活かの画像

ログインして全文を読む