11月9日の中央社会保険医療協議会(中医協)の診療報酬基本問題小委員会では、後発医薬品の使用促進策についての議論が行われ、前回改定に続いて再度、処方せんの様式が変更されることがほぼ確定した。来春以降は、処方医がきちんと「変更不可」を明示しないと、調剤薬局の判断で自由に後発品に変更してよい、という仕組みだ。

院外処方は「後発品への変更OK」が前提にの画像

ログインして全文を読む