11月2日の中央社会保険医療協議会(中医協)の診療報酬基本問題小委員会では、後期高齢者医療制度の「外来医療」に関する議論が行われた。注目は、ついに明らかになった、後期高齢者医療制度の外来における「主治医」の役割。これまでの議論では、入院医療や在宅医療が取り上げられてきてはいたが、その中核的な役割を担う主治医の具体的な役割については、あいまいなままで進んでいた。

「主治医」になれるのは診療所医師だけ?の画像

ログインして全文を読む