10月26日の中央社会保険医療協議会(中医協)の診療報酬基本問題小委員会では、後期高齢者医療制度における在宅医療での「主治医」の役割について議論が行われた。

ログインして全文を読む