後発品(ジェネリック)の使用促進に向けて、様々な施策が検討されていますが、もっとドラスティックに、後発品の普及を図る手段があります。来年4月から後期高齢者医療制度が実施されるのを機に、75歳以上の患者に処方する医薬品は「後発品」を原則としてしまう方法です。その場合、後発品の薬価を保険外併用療養費として、先発品を望む高齢者には先発品との差額を自己負担してもらうことが考えられます。

ログインして全文を読む