10月17日に開かれた中央社会保険医療協議会(中医協)の診療報酬基本問題小委員会では、後発医薬品使用促進のための環境整備について議論が行われた。薬剤師の権限拡大で、後発医薬品の使用促進につなげようとする厚労省案に、医師委員が猛反発。意見のとりまとめは次回以降に持ち越しとなった。

「処方権の侵害だ!」と医師委員が猛反発の画像

ログインして全文を読む