10月12日に開かれた中央社会保険医療協議会(中医協)の診療報酬基本問題小委員会で、ついに「後期高齢者医療制度」の診療報酬に関する議論が始まった。この中で、中医協としては初めて、後期高齢者医療制度のキーワードの一つと目される「主治医」の用語が登場。“主治医制度”のあり方について、熱い議論が繰り広げられた。

ログインして全文を読む