10月5日に開催された中央社会保険医療協議会(中医協)の診療報酬基本問題小委員会では、「産科医療」がテーマとなった。論点は、(1)ハイリスク分娩管理加算の対象の拡大、(2)緊急の母体搬送を診療報酬で評価、(3)ハイリスク分娩加算、分娩監視装置による諸検査、ノンストレステストのそれぞれの対象患者の整合性を図る──の3点。

ログインして全文を読む