急速に進む麻酔科医局の崩壊。「大学病院は今、専門が好きで残っている人に支えられているのが現状」(増田氏)。「日本も出来高制にするなど、収入面で動機付けができるシステムがないと、ダメだと思っています。日本の大学の教授は、人事権はあるけど、給料は決められない」と、医局のマネジメントする立場から尾崎氏は指摘する。

急速に進む麻酔科医局の崩壊の画像

ログインして全文を読む