業務上過失致死傷の構成要件として、予見可能性、予見義務、結果回避可能性、結果回避義務が検討されます。予見義務、結果回避義務に違反したとして、業務上過失致死傷が問われることになります。危ないことが分かっているのだから、回避しないといけませんよということです。

罪に問われたら報告などできないの画像

ログインして全文を読む