北里大産婦人科教授の海野信也氏と「周産期医療の崩壊をくい止める会」の事務局を務めた東大医科研探索医療ヒューマンネットワークシステム部門客員准教授の上昌広氏に、大野病院の署名活動の経緯を検証するとともに、「医療崩壊」と称される医療界にあって、医師・医療側がいかに情報発信し、世論に訴えていくべきかと語っていただいた。

ドキュメント大野病院事件―署名活動の舞台裏の画像

ログインして全文を読む