「医療放談2007」という企画に対して、「怒れる患者はどこ行く」と、要は患者さんに去られる話をお題としていただきましたが、これが初夢ならば「ちと情けない悪夢じゃあないか」というところです。さはさりながら、「怒れる患者」は最近増えているようであり、厳しい時代に厳しいシミュレーションをへて「尻上がり、末広がりこそ良かろう」とこのお題でお引き受けした次第です。

怒れる患者はどこに行くの画像

ログインして全文を読む