2006年の医療界では、医師不足、医療不信、公立病院の破綻、勤務医の疲弊、そして医療崩壊など、とかく暗い言葉ばかりが目に付きました。さて、2007年の医療界はどう展開するのでしょうか。暗中模索が続くのか、それとも次なる時代への礎を築くことができるのでしょうか。その中で、医療者は何を考え、何を期待し、どう行動しようと考えているのでしょうか。

ログインして全文を読む