その昔、米国シカゴ大学に気骨あふれる日本人教授がいた。宇沢弘文教授――。数理経済学を基礎として、地球温暖化をはじめとする社会問題の研究にも取り組み、発言を続けられた経済学者だ。帰国後は東大の経済学部長などを務め、3年前に86歳で他界された。

若い医療人にお薦めしたい『人間の経済』の画像

ログインして全文を読む