7月下旬、佐久総合病院本院で「農村医学夏季大学講座」が開かれた。この講座は、夏の信州山間部の涼しさと静かな環境を利用して、市民大学的なものを開催しようという発想で、1961年に始まった。1992年以降、講座のなかで「若月賞」の表彰式が行われている。若月俊一名誉総長の遺志を継ぎ、全国の保健医療福祉分野で「草の根」的にしっかりと活動されている方を表彰する賞である。

末期患者の切実な願いに応えた看護師の機転の画像

ログインして全文を読む