4月上旬、「認知症当事者研究会」というグループが都内で開催した勉強会で、「初期」認知症であることを公表されている丹野(たんの)智文さんと、彼を「パートナー」の視点で支えている医師、山崎英樹さん(清山会医療福祉グループ代表)の話を聞いた。

医師は認知症者の「パートナー」になれるか?の画像

ログインして全文を読む