2月初旬、高齢者ケアの担い手である介護福祉士の受験者が半減したという報道に接し、愕然とした。2016年度は受験者が8万人足らずに落ち込んだという。主因と考えられているのが、ケア現場で3年以上の実務経験を積んだ人が国家試験を受ける「実務経験ルート」の条件変更だ。

介護福祉士の資格試験、受験者半減のインパクトの画像

ログインして全文を読む