今年の医療界を振り返り、「希望」を感じた出来事を挙げるとすれば、9月の「看護未来塾」の発足を推したい。今この国で起こっている様々な事象をしっかりと見据え、声を上げ、アクティブに行動する――。設立趣意書には、そんな活動方針が示されている。

看護界の重鎮たちを突き動かした「危機感」の画像

ログインして全文を読む