10月、ミャンマー東部のカヤー州から研修のために来日した8人の医療者(医師、保健省幹部ら)が、長野県庁をはじめ長野県内各地を精力的に視察して回った。佐久総合病院を訪れた女性小児科部長はNICU(新生児集中治療室)で、日本の看護師の手技に見入っていた。

佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言の画像

ログインして全文を読む