「ラヒホイタヤ」という、欧州はフィンランドの資格制度をご存じだろうか。これは、フィンランド語で、lahi(身近な)と hoitaja(世話をする人)を組みあわせたもので、社会・保健医療共通基礎資格。2025年にはEU圏内で最も高齢化率が高くなるフィンランドが、医療・介護・福祉分野の人材確保を目ざして導入した制度だ。

フィンランドに学ぶ医療・介護人材難の対応策の画像

ログインして全文を読む