認知症の介護を巡って、痛ましい事件が起きている。今年2月、埼玉県の小さな町で、83歳の夫が認知症の77歳の妻の首を刃物で刺して、殺害した。夫妻は20年前に東京から、その町に移り住んだ。数年前から妻は認知症を発症、夫も病気がちで入退院をくり返していた。

認知症介護を巡る悲劇から何を学ぶかの画像

ログインして全文を読む