国会で安保関連法案の審議が、根拠を曖昧にしたまま行われている。憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使が許されるのかといった根本的問題もさることながら、自衛官のリスクがまともに論じられていない。これは極めて危険である。

安保法案審議下で進む「第一線救護」の強化の画像

ログインして全文を読む