報道によれば、東京女子医科大学病院で昨年2月、2歳の男の子が死亡した医療事故で、遺族が2月19日、傷害致死の疑いで警視庁に刑事告訴したという。小児に対する集中治療で人工呼吸中の鎮静に用いることが禁忌とされているプロポフォールが大量投与されたことに対し、遺族側は会見で「実際には術前の説明が不十分だったのに、(病院側の報告書は)説明に問題はなかったと結論されている。そもそもカルテには増量の理由など、大事なことが書かれていない」とコメントしている

ログインして全文を読む