この連載でも数回ふれたが、国民皆保険制度の最後の砦といわれる「国民健康保険(国保)」の運営が厳しい状況だ。厚生労働省の発表では実質収支で3000億円以上の赤字が続いている。増える保険給付費や拠出金に対し、保険料は思うように集まらない。

ログインして全文を読む