厚生労働省は、団塊の世代が「後期高齢者」となる2025年をメドに、高齢者の「尊厳の保持と自立生活の支援」を目的に、「地域包括ケアシステム」の構築を推進している。厚労省のいう地域包括ケアシステムとは、人びとが可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けられるよう、医療と介護、福祉をつ なぐイメージだ。

ログインして全文を読む