地域に密着した医療であるはずの「訪問診療」が、一部で闇ビジネスの金づるになっていた。8月25日付の朝日新聞は一面トップで「患者紹介ビジネス横行」と題した記事を掲載した。同紙によれば、紹介業者が高齢者施設で暮らす患者を医師にまとめて紹介し、見返りに医師が診療報酬の一部を業者に支払う「患者紹介ビジネス」が横行しているという。これまで噂では聞いていたが、実際に業者が医師に患者を紹介する手口などが紹介されていた。

ログインして全文を読む