半世紀以上も水俣病と闘い続けた医師・原田正純氏が先月、77年の生涯を閉じた。原田先生は、水俣病がまだ「奇病」と呼ばれていたころから患者に寄り添い、差別に満ちた状況をねばり強く変革していった。

ログインして全文を読む