佐久総合病院では若月俊一名誉総長(故人)の業績を記念し、「若月賞」という医療関係者を対象にした賞を設けている。今年は第21回の受賞者として、WHO(世界保健機関)の世界ハンセン病対策プログラム(Global Leprosy Programme)のチームリーダー、スマナ・バルア博士が選ばれた。

「バブさん、若月賞、おめでとう!」の画像

ログインして全文を読む